歯科衛生士の非公開求人とは? | 調査で分かった3つのメリット

この記事で解決できる悩み

※青字をタップクリックすると、読みたい項目まで移動できます。

この記事を書いた人
歯科衛生士による歯科衛生士のための情報サイト【みすログ】管理人みすー
管理人:みすー
  • 業界10年以上の現役歯科衛生士
  • 2度の転職で年収100万UP
  • 転職アドバイザー
もっと詳しく

みすログでは「歯科衛生士のための総合情報サイト」をコンセプトに、主に歯科衛生士の転職について発信しています。

目次

1. 非公開求人とは

非公開求人とは?

転職活動を行う中で、よく目にする「非公開求人」という文字。非公開求人とはいったいどんな求人なのでしょうか?

また、歯科衛生士の転職でも非公開求人はあるのでしょうか?

3つの特徴

歯科衛生士

『非公開求人』って何だろう?よくわからないなあ。

ここからは非公開求人の特徴について説明していきますね。

解説していくよ!
非公開求人の3つの特徴
  • 転職サイト登録者のみ情報入手できる
  • エージェントからのからの紹介経由のみ
  • 好条件のレア求人
歯科衛生士

非公開求人って魅力的……!

非公開求人は一般に魅力的な求人と言われています。▼

一般的に公開されている求人に比べ、非公開求人の方が給料や働く環境などにおいて魅力的だといわれます。

ASO卒業生キャリア支援 – 「非公開求人って?」より引用

公開求人との違い

公開求人と非公開求人の違い

非公開求人と公開求人の違いを上記の図でまとめました。▲

非公開求人は、その名の通り一般公開されていない求人のこと。なので、WEBで求人情報を検索しても出てきません。

求人情報を見ることができるのは、転職サイトに登録した歯科衛生士のみ。

転職サイトに登録後、キャリアアドバイザーから条件に合う非公開求人を紹介してもらうのが一般的です。

歯科衛生士

あそこの歯科医院、求人情報出てないけど働きたいなあ…

公に求人が出ていなかったとしても、紹介経由だと人員の募集をしていることがあります。

2.求人が非公開になるのはなぜ?

求人が非公開な理由
歯科衛生士

どうして非公開にするの?

非公開にする理由は、主に3つの理由が挙げられます。▼

①応募殺到しそうな好条件な求人だから

条件のいい有名で人気のある歯科医院の求人の場合、募集と同時に応募が殺到します。

そうなると、歯科院側は書類選考や面接の日程調整など、採用に時間と手間がかかります。

歯科医院側は、いい人材が欲しいけれど採用の負担を減らしたい……。

そんな時、あえて非公開にして条件の合う登録者のみに紹介するようにしています。

管理人

リスクを避けるために、戦略的な採用を行っているよ!

②歯科医院側が募集を伏せているから

歯科医院の事情で、求人を非公開にしていることも多いようです。

歯科衛生士

非公開にするのにはどんな事情があるの?

歯科医院側が非公開にするのには2つの理由があります。▼

  • 人員募集中ということがライバル歯科医院にバレたくない
  • 在勤歯科衛生士のモチベーションを下げないため

特に在勤歯科衛生士にとって、勤務先に新しく入った歯科衛生士の方が自分の雇用条件よりも条件が良かったということがあると、モチベーションの低下につながります。

管理人

非公開にするのには事情があるんだね。

③紹介する人を選ぶレアな求人だから

採用を急いでいたりレアな求人情報の場合、なるべく時間もコストもかけずに採用したいため、非公開となるケースが多いようです。

事情があり急を要する場合、公開求人として、不特定多数を選考していては手間も時間もかかりますよね。

しかし、信頼できる転職サイトに非公開で条件に合う歯科衛生士を紹介してもらうことで、スピーディな採用を可能にしています。

管理人

レアな求人を紹介してもらえるかどうかは自分次第だよ!

3.メリット3選

非公開求人のメリット3選

ここからは非公開求人のメリットを紹介していきます。

特徴をとらえて非公開求人が自分に合うかどうか確認していきましょう。

①好条件な求人が多い

人気が高く採用数も少ない求人の場合、あえて非公開にして応募殺到を防ぐことがあります。

管理人

大手医療法人や美容クリニックなどが含まれまれるよ。

歯科衛生士

どうして応募が殺到するのを防ぐの?

応募が殺到すると大変なこと
  • 書類選考
  • 面接の日程調整
  • 応募者との連絡のやり取り
  • 複数回の面接
採用側も大変

応募が殺到すると、求人をしている歯科医院側にも負担がかかります。

しかし、求人を非公開にすることで条件の合う転職サイト登録者のみとマッチングするので、採用の負担は大きく減ります。

採用の負担をかけたくないが優秀な人材に来てほしい、歯科医院側はそんな思いを抱えて求人を非公開にするのです。

②レアな求人が見つかることがある

歯科衛生士

レアな求人ってどんな求人ですか?

レアな求人とは
  • 急な欠員で採用を急いでいる
  • 特別なポストの募集

このような求人は、なるべく時間もコストもかけずに採用したいため、非公開となるケースが多いです。

信頼できる転職サイトに、条件に合う歯科衛生士を推薦してもらうことで、短時間でいい人材を確保することができます。

管理人

レア求人はスピード勝負!

③倍率が低いため採用が決まりやすい

歯科衛生士

どうして非公開求人は倍率が低いの?

管理人

それは転職サイトに登録した限られた歯科衛生士にしか情報が公開されないからだよ!

一般的に公開されていない非公開求人は、キャリアアドバイザーからの紹介経由でしか応募ができません。

公開された求人情報は、不特定多数が応募することがないので倍率が低くなります。

また、紹介経由だとミスマッチが少ないため内定をもらえる確率が高いでしょう。

管理人

早く内定が出るので、早く新しい職場で働き始めたい歯科衛生士にもおすすめだよ!

4.デメリット3選

非公開求人デメリット3選
歯科衛生士

非公開求人って怪しくない?デメリットはあるの?

そんな疑問に答えるために、ここからは非公開求人のデメリットを紹介していきます。

①好条件の求人ばかりとは限らない

非公開求人には、好条件の求人やレアな求人が含まれますが、すべての求人がそうとは限りません。

【全ての非公開求人=好条件とは限らない】

転職相談の申し込みをしていただいた歯科衛生士さんには非公開求人もご紹介しますが、すべてが高条件の求人というわけではありません。非公開だからと言って、必ずしも給与や条件がいいというわけではないということは理解しておきましょう。

歯科衛生士専門キャリアアドバイザー

その理由は歯科衛生士によって求める条件が違うから

求める勤務条件
  • 人間関係
  • 仕事内容
  • 給料
  • 福利厚生
  • 年間休日
  • 立地
  • 育児との両立

このように、歯科衛生士によって求める勤務条件は違います。

歯科衛生士

お金をたくさん稼ぎたい!

という歯科衛生士もいれば

歯科衛生士

育児と両立しやすい職場で働きたい!

というように、ある人によって好条件と感じる求人でも、別の人にとっては魅了的ではないことがあります。

そのため、「好条件の求人があればラッキー」くらいの気持ちでいましょう。

管理人

過度な期待はやめよう!

②自分で求人を探せない

転職サイトに登録したからと言っても、登録した歯科衛生士全員が求人を見たり応募したりできるわけではありません。

キャリアアドバイザーに紹介してもらって初めて、非公開の求人の情報を入手できます。

管理人

キャリアアドバイザーだけが情報を持っているよ!

すべきことは連絡を密にとり自分を知ってもらうこと

なので、紹介してもらえるよう担当者と密に連絡を取り、自分のことをよく知ってもらえるように働きかけましょう。

管理人

キャリアアドバイザーから良い印象を持ってもらえるといい求人を紹介してもらえる可能性が高くなるよ!

転職サイトに登録すると、最初にまず電話がかかってきますよね。

それはキャリアアドバイザーがあなたのことを詳しく知って、どんな求人を探しているか十分に理解するためです。

何度も電話がかかってくるのも、あなたに転職成功してほしいから。

なので、より自分に合った求人を紹介してもらうためにスキルや大切にしたい条件は詳しく伝えておきましょう

③必ずしも紹介してもらえない

求職者である歯科衛生士のスキルや条件によっては、非公開求人を紹介してもらえない場合もあります。

管理人

例えば、チーフ候補や採用担当の募集の場合、自分のキャリアによっては紹介してもらえないことも……

紹介するかどうかの判断は、担当のキャリアアドバイザー次第です。

キャリアアドバイザーが重視していることは?

キャリアアドバイザーはどこを見てる?
  • 経験値
  • スキル
  • 人間性

このような優れた何かがあると、キャリアアドバイザーも「あなたになら。」と、求人を紹介したくなります。

条件によっては非公開求人を紹介してもらえないケースがあることを理解しておきましょう。

5.紹介してもらうコツ

非公開求人紹介してもらうコツ
歯科衛生士

非公開求人や好条件の求人を紹介してもらうコツってあるの?

キャリアアドバイザーから非公開求人や好条件の求人を紹介してもらうのにはいくつかコツがあります。

ここからは「この歯科衛生士に優先的に求人を紹介したい!」と思わせるコツをご紹介します。

①担当者とこまめに連絡を取る

レスポンスが早い人とレスポンスが遅い人、どちらの方がより転職に前向きと感じますか?

キャリアアドバイザーとこまめな連連絡のやり取りは、非公開求人を紹介してもらうにおいて何よりも重要な項目の1つです。

こまめな連絡が取れる人に対するキャリアアドバイザーの心理
  • あなたを信頼する
    • いい求人を紹介してもらえる。
  • あなたを支援したくなる
    • 常に鮮度の高い情報を得られる。
  • 失敗したとしてもフォローしてくれる
    • 万全のサポート体制
管理人

早く転職したいときは、より意識して行動するようにしましょう!

②転職意欲の高さを見せる

非公開求人を紹介するかどうかは、担当のキャリアアドバイザーの判断がとても重要です。

担当者から

「この求人は〇〇さんにピッタリかも」

と思ってもらうためには、連職に対する意欲の高さを見せることが大切です。

転職意欲の高さを表現する方法
  • 自分の持っているスキル・経験・希望の勤務条件を細かく伝える
  • 将来どうなりたいかを伝える
  • 抽象的ではなく具体的に伝える
  • 分からないことは積極的に質問する

担当者にあなたという歯科衛生士を認識してもらい、優先的に紹介してもらえるよう働きかけましょう。

管理人

キャリアアドバイザーの人はあなただけを担当しているわけじゃないよ!
手厚いサポートをしてもらうためには自分のことをよく知ってもらおう!

③転職サイトに複数登録する

歯科衛生士

なぜ複数の転職サイトへの登録が必要なの?

管理人

それは転職サイトによって扱う求人情報が違うからだよ!

転職サイトによって取引のある歯科医院が違います。

なのでA社にはある求人情報が、B社には取り扱いがないという場合もあります。

なので!1社だけでなく、複数の転職サイトに登録し転職活動を進めていきましょう。

6.非公開求人を取り扱うおすすめ転職サイト

歯科衛生士向け転職サイトおすすめ

非公開求人を紹介してもらうためには、エージェント型歯科衛生士の転職サイトに登録する必要があります。

ここからは、非公開求人が多く希望に沿った求人に出会える転職サイトに絞って3社を紹介していきます。

スクロールできます
転職サイト名求人数非公開求人特徴おすすめポイント
第1位の意味を示すトロフィーデンタルワーカー約13,000件
※2023.05時点
・グループ合計年間で3万人転職成功内部事情を教えてくれる!
ファーストナビ約12,000件
※2023.06時点
・業界ユーザー数No.1!
・4人に1人のDHが
登録!
専任エージェントが
自分に合った転職先が見つかるまで丁寧にサポート
JOB歯科AGENT非公開
・採用後も手厚いサポート
・歯科衛生士転職のプロ!
良質な求人多数!
歯科衛生士

どの転職サイトに登録したらいいの?

管理人

情報に偏りがないよう、すべての転職サイトに登録しておこう!

非公開求人多数の転職サイトはこちら

7.よくある質問

よくある質問
非公開求人と公開求人の違いは?

非公開求人と公開求人の違いをまとめました。▼

スクロールできます
非公開求人公開求人
応募者転職サイト登録者のみ誰でも応募可
応募の仕方エージェントからの紹介書類選考
求人の種類好条件やレアな求人あり一般的な求人
なぜ非公開なの?

非公開の理由はこちらです。▼

  • 応募殺到しそうな好条件な求人だから
  • 歯科医院側が募集を伏せているから
  • 特定の歯科衛生士にのみ紹介したいレアな求人だから
非公開求人って怪しくない?うその求人があるって本当?

うその求人を取り扱う転職サイトはありません。

管理人

うその求人は、企業にとってキャリアアドバイザーにとってもデメリットしかないよ!

8.非公開求人があるかどうかは転職サイト次第

非公開求人のメリットデメリットです。▼

メリット
デメリット
  • 好条件な求人が多い
  • レアな求人が見つかることがある
  • 倍率が低いため採用が決まりやすい
  • 好条件の求人ばかりとは限らない
  • 自分で求人を探せない
  • 場合によっては非公開求人を紹介してもらえない

非公開求人は、「通常より好条件だから」「適切な人材を確保したいから」などの理由で、公開を控えている求人です。

転職サイトに登録した歯科衛生士のみ、非公開求人を紹介してもらえます。

しかし、転職に意欲的でないと紹介してもらえません。

担当のキャリアアドバイザーの立場に立ち

  • どんな歯科衛生士を信頼できるか
  • そんな歯科衛生士に非公開求人を紹介したいか

これら意識して転職活動をしていきましょう。

今回は以上です。

歯科業界の最新動向に関する資料

データで知る歯科業界

歯科医院・歯科医師に関する資料

歯科診療所数の年次推移

歯科診療所件数の年次推移
  • 2016年まで増加傾向だが、2017年以降減少に転じる。
  • 人口減少ならびに歯科医師国家試験合格者数の制限より、今後歯科診療所は微減し続けると予想される。

都道府県別歯科診療所数

都道府県別歯科診療所数
  • 東京都が最も多く、最も少ない鳥取県の42倍の歯科医院を有する。
  • 地域によってかなりばらつきがある。

都道府県別歯科医院数 3年推移

都道府県別歯科医院数3年推移
  • 東京都の歯科医院数が抜きん出て多い。
  • 一部の都道府県を除き、横ばいもしくは微減している。

都道府県別歯科医院数 上位10都道府県

都道府県別歯科医院数
上位10都道府県
  • 東京都の歯科医院数は全国的に見て圧倒的に多い。
  • 歯科医院の数は人口や市場規模、歯科衛生士学校数、歯学部数に必ずしも比例していない。

都道府県別歯科医院数 下位10都道府県

都道府県別歯科医院数 下位10都道府県
  • 人口が少ない都道府県は歯科医院数も少ない。
  • 人口密度が少ない都道府県は歯科医院数も少ない。

地方での医療アクセスの悪さが懸念される。

対10万人あたりの歯科医院数 上位10都道府県

対人口10万人あたりの歯科医院数
上位10都道府県
  • 東京が最も多く、医療サービスの高い需要が影響していると考えられる。
  • 歯学部の設置されていない和歌山、兵庫が10位以内であることから、歯学部数に必ずしも比例していない。

対10万人あたりの歯科医院数 下位10都道府県

対人口10万人あたりの歯科医院数 下位10都道府県
  • 下位10都道府県にはいずれも歯学部を有する大学がない。
  • 人口数や人口密度との相関が考えられる。

歯科医師数の年次推移

  • 虫歯の洪水時代から歯学部が多数設置され、歯科医師数が増えすぎたため定員を縮小した背景がある。

都道府県別歯学部数

北海道・東北地方
  • 北海道:2校(北海道大学、北海道医療大学)
  • 岩手県:1校(岩手医科大学)
  • 宮城県:1校(東北大学)
  • 福島県:1校(奥羽大学)
関東地方
  • 東京都:4校(東京医科歯科大学、日本大学、日本歯科大学、昭和大学)
  • 千葉県:3校(東京歯科大学、明海大学、日本大学松戸歯学部)
  • 神奈川県:2校(鶴見大学、神奈川歯科大学)
  • 埼玉県:1校(明海大学)
中部地方
  • 新潟県:2校(新潟大学、日本歯科大学新潟キャンパス)
  • 長野県:1校(松本歯科大学)
  • 岐阜県:1校(朝日大学)
  • 愛知県:1校(愛知学院大学)
近畿地方
  • 大阪府:2校(大阪大学、大阪歯科大学)
中国・四国地方
  • 岡山県:1校(岡山大学)
  • 広島県:1校(広島大学)
  • 徳島県:1校(徳島大学)
九州地方
  • 福岡県:3校(九州大学、福岡歯科大学、九州歯科大学)
  • 長崎県:1校(長崎大学)
  • 鹿児島県:1校(鹿児島大学)
  • 歯学部設置大学が2つ以上の自治体が7都道府県ある一方、北陸地方のように1つも歯学部がない地域もある。

歯科衛生士に関する資料

歯科衛生士の平均年収

  • 全都道府県含めた歯科衛生士の平均年収は404万円であり、日本人の平均年収よりも低い。

歯科衛生士の年収推移(2001-2023)

厚生労働省 平成13年から令和4年の賃金構造基本統計調査より歯科衛生士の年収推移
  • 直近20年間で歯科衛生士の平均年収は60万円近く上昇した。

歯科衛生士の都道府県別年収ランキング

  • 1位の宮城県と最下位の大分県では約227万円の差がある。
  • 上位10位以内に大阪府が入っていないことから、都市部だからといって平均年収が高いわけではない。

どの都道府県で働くかが重要

年齢階級別歯科衛生士数

  • 54歳までの全年代で、比較的同程度の人数が歯科衛生士として就業している。

就業場所別歯科衛生士数

  • 約91%の歯科衛生士が診療所に就業している。

日本全体及び女性の平均年収との比較

歯科衛生士の平均年収を日本全体および女性の平均年収と比較した折れ線グラフ
国税庁「標本調査結果」をもとに作成
  • 歯科衛生士の平均年収は、日本人の平均年収より低く、女性の平均年収より高い。

歯科衛生士国家試験合格者数の推移

歯科衛生士国家試験合格者数の推移
2006年から2024年までの受験者数、合格者数、合格率を表している。
  • 2006年から2024年までの歯科衛生士国家試験の平均合格率は95.44%であり、高い水準を維持している。
  • 2013年には2年制から3年制への移行により受験者数が大幅に減少したが、全体的に合格者数と合格率は年ごとに安定している。
参考文献
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次