歯科衛生士の志望動機で大切な8つのポイント | 分野別キャリア別の例文をご紹介

歯科衛生士思慕部同期のポイント 分野別キャリア別例文紹介

歯科衛生士として転職活動を進めると「志望動機はどう書けばいい?」「志望動機のポイントは?」といった悩みを抱えますよね。

この記事では、志望動機を書く際大切な8つのポイントと、分野別キャリア別の例文をご紹介しています。

要点を理解して、志望動機を作成していきましょう。

この記事を書いた人
歯科衛生士による歯科衛生士のための情報サイト【みすログ】管理人みすー
管理人:みすー
  • 業界10年以上の現役歯科衛生士
  • 2度の転職で年収100万UP
  • 転職アドバイザー
もっと詳しく

みすログでは「歯科衛生士のための総合情報サイト」をコンセプトに、主に歯科衛生士の転職について発信しています。

おすすめの転職サイト
  • デンタルワーカー
  • DENTALHAPPY
  • ファーストナビ歯科衛生士
目次

1.志望動機のポイント

志望動機のポイント

歯科衛生士が志望動機を書く時には、ポイントを押さえて文章を作成するのが大切です。

基本的に抑えておきたいポイントをご紹介します。

1つずつ解説していきます。

①働きたい理由を明確にする

働きたい理由を明確にする
  • なぜこの歯科医院で働きたいのか
  • 他の歯科医院と何がどう違うのか

上記の2点を考え自分の志望動機を明確に説明しましょう。志望動機と職場の特徴が矛盾していると、内定にはつながりません。

この時大切なのが、抽象的な理由ではなく具体性を持たせた内容にすること

例えば、その歯科医院で自分がしたい事や、仕事に対する情熱などを述べると好印象です。

情報収集の仕方
  • ホームページ
  • 求人票/募集要項
  • GoogleMaps
  • プロレコ歯医者

これらの媒体から、診療内容や力を入れている領域などどんな職場なのかを徹底的に理解することから始めましょう。

管理人

情報収取をしっかりしたうえで、どうしてもここじゃなきゃダメな理由を伝えよう!

②どうやって貢献していくか

どうやって貢献していくか

歯科衛生士として、スタッフと協力し、どのようにして貢献していきたいのかを明確に述べると良いです。

わたしたち歯科衛生士の多くが勤務する歯科医院ではチームプレーで診療を行います。とはいえ年々、一人ひとりのスキルがとても大切になってきています。

患者さんの口腔健康を向上させるために、どのようなアプローチやスキルを駆使していくのかを具体的に示すと、志望動機がより説得力を持ちますよ。

参考:どのように貢献するか
  • MFTに関するメニューを作成し、医院の自費売上アップをしたい
  • マーケティングが得意なので医院のSNS運用を担当し集客アップをしたい

など

管理人

自分がどのように貢献できるか考えてみましょう。

③共感出来るポイントを探す

共感できるポイント探す

応募先の病院・クリニックで共感できるポイントを見つけると、情熱が伝わりやすくなります。

共感力は臨床だけでなく日常生活でも様々な場面で生かされ、医療従事者にとって最も大切なスキルの1つです。

共感力とは?

共感力とは、「他者の考えや意見にその通りだと感じたり、喜怒哀楽といった感情に寄り添うことができる力」のことであり、他者と信頼関係を築いたり、良好なコミュニケーションをとるうえで非常に重要な力です。

引用:グロービスキャリアノート

自分の経験や病院のホームページから、どのような共感ポイントを見つけたのかを文章に盛り込むと良いですよ。

管理人

事前に病院のホームページや院長のFaceBookを探し、十分に下調べしておきましょう。

④今後のキャリアについて伝える

今後のキャリアについて伝える

歯科衛生士の職業は将来的にも安定して求められる職種ですが、自分自身のキャリアについても考えておくと良いでしょう。

キャリアについて考えるということは、信念や目標をもって仕事に取り組むということ。

目標設定することのメリット
  • モチベーションの維持・向上につながる
  • やるべきこと、取るべき行動が明確になる
  • 進捗状況を把握できる

例えば、専門的なスキルや知識の習得、スペシャリスト(認定歯科衛生士)としての道に進む可能性などを考えるとよいです。

具体性のあるキャリア設定が難しい場合、抽象的でも問題ありません。

管理人

大切なのは、内容よりも今後のキャリアを考えているということです!

⑤待遇面だけに言及するのはダメ

待遇面だけに言及するのはダメ

待遇面や給与の良さは重要な要素ですが、それだけを理由にしてしまうと、病院・クリニックへの真摯な意欲や情熱が伝わりません。

採用担当者から待遇にしか興味がないと思われしまい、ネガティブな印象を与えてしまいます。

自分がなぜその病院・クリニックに興味を持ち、応募に至ったのかをしっかりと伝えるようにしましょう。

管理人

診療内容や理念など、その事業所特有のことを理由にすると好印象ですよ。

⑥前職の悪口を言ってはダメ

前職の悪口を言ってはダメ

志望動機の中で前職の悪口を言ってしまうのは好ましくありません。

たとえそれが事実だったとしても、ネガティブな印象を与えてしまうので言いたい気持ちをぐっと押さえましょう。

前職場での経験や学びをポジティブな要素として捉え、それが今回の応募でどのように影響を与えたのかを述べると良いです。

管理人

ポジティブ変換できない場合は聞かれない限り、何も言わないのが得策です。

⑦志望動機の使いまわしはダメ

志望動機の使いまわしはダメ

絶対にやってはいけないのが、他の応募先と同じ志望動機を使いまわすこと。

一見似たり寄ったりの歯科医院であっても、それぞれの医院には特徴があります。

各応募先の特徴や求める人物像に合わせて、志望動機をカスタマイズすることが大切です。

管理人

とはいえ、すべて一から考えるのは大変ですよね。
過去の志望動機で使えるところは使うのも得策です。

⑧志望動機が福利厚生はダメ

志望動機が福利厚生はダメ

応募先の魅力が福利厚生だとしても、それを理由に志望動機を伝えるのはおすすめしません。

例えるなら、結婚相手に対して年収やスペックなどの条件だけを求めているようなものです。

福利厚生は重要な要素ですが、それ以外にも自分自身の成長や職業への情熱、貢献意欲などを併せて伝えるとよいですよ。

管理人

採用されるまでは、言わないのが吉です。

2.分野別:志望動機例の紹介

分野別志望動機の例

分野別の志望動機を例文を用いて紹介していきます。

志望動機は個人の経験や思いによって異なりますので、自分の経験や意欲に合わせてカスタマイズしましょう。

1つずつ解説していきます。

①一般歯科の場合

一般歯科の場合
一般歯科の場合

歯科衛生士として一般歯科に志望する理由は、幅広い患者さんに対応できる点に惹かれたからです。

患者さんとのコミュニケーションを大切にし、予防指導や歯のクリーニングを通じて、健康な口腔環境をサポートしたいと思っています。また、定期的な検診により早期発見を促すことで、より多くの人々の健康を支えられることにやりがいを感じます。

貴院の専門性と患者志向の取り組みに共感し、貢献できる場所で働きたいと考えています。

「一般歯科」を志望した例文です。

一般歯科と言っても、立地や患者層によって医院の診療スタイルが大きく変わります。

まずは応募先のクリニックのホームページから十分な情報収集をしましょう。

管理人

その医院ならではの特徴にも言及できると良いですよ。

\無料でプロが添削してくれる/

理想の職場に内定を目指そう

②小児歯科の場合

小児歯科の場合
小児歯科の場合

小児歯科の魅力に惹かれ、私は子供たちの健やかな成長を支える歯科衛生士になりたいと強く感じています。

前職で子供たちとの関わりを通じて、彼らの笑顔と健康に貢献したいという情熱が芽生えました。子供たちの不安を和らげ、歯磨きや予防の重要性を分かりやすく伝えることで、将来の口腔健康を築くお手伝いをしたいです。

貴院のように、子供たちが安心して通える雰囲気づくりに取り組む歯科衛生士になることを夢見ています。

「小児歯科」を志望した例文です。

小児歯科では「口腔機能の発達に大切な小児期に関われること」にフォーカスするのがおすすめです。

また、小児歯科の求人票には「子供好きな方歓迎!」と書いてあることが多いので、子供が好きというアピールは好印象ですよ。

管理人

小児歯科でどのように貢献できるかをしっかり考えましょう。

\無料でプロが添削してくれる/

理想の職場に内定を目指そう

③歯周病専門歯科の場合

歯周病専門の場合
歯周病専門歯科の場合

歯周病専門歯科に興味を持ち、私は患者さんの健康を根本からサポートする歯科衛生士になりたいと考えています。

前職での経験から、歯周病と全身の健康の関係性を実感しました。患者さんの口腔環境を改善し、全身の健康を促進する仕事に情熱を燃やしています。

貴院のような専門的なスキルを持つ環境で学び、患者さんの口腔健康を向上させる一端を担う歯科衛生士として活躍したいです。

「歯周病専門歯科」を志望した例文を述べています。

患者さんや歯科医師と協力し、チームでの治療が必要不可欠な歯周病は、大幅なスキルアップが目指せます。

【認定歯科衛生士】の取得ができる場合もあるので、募集要項をよく確認してみましょう。

管理人

歯周病専門は比較的人気で、応募者多数になりがちです。
差別化するためにいかに興味があり貢献できるかは確実に押さえましょう。

\無料でプロが添削してくれる/

理想の職場に内定を目指そう

④訪問歯科の場合

訪問歯科の場合
訪問歯科の場合

私は患者さんの自宅や施設で健康な口腔状態を維持する、訪問歯科で活躍する歯科衛生士になりたいと考えています。

前職で高齢者とのコミュニケーションを通じて、口腔ケアの重要性を学びました。患者さんの負担を軽減し、笑顔を届けるために、訪問歯科のプロフェッショナルとして社会貢献したいと思っています。

貴院のような訪問歯科に力を入れる環境で、患者さんの笑顔をサポートする歯科衛生士として活躍したいと思い、志望いたしました。

「訪問歯科」を志望した例文です。

訪問歯科は高齢化に伴い年々需要が増えていて、訪問歯科を診療を行う事業所の数も増えてきています。

志望動機に「口腔ケア」や「摂食嚥下」といった訪問歯科に関するキーワードを上手に取り入れることができるといいですよ。

管理人

正直なところ訪問歯科はキツく労働環境も悪いです。しかしその分時給が高く、やりがいや楽しさもあるので、ぜひ挑戦してみましょう。

\無料でプロが添削してくれる/

理想の職場に内定を目指そう

⑤審美歯科の場合

審美歯科の場合
審美歯科の場合

美しさを追求する審美歯科に魅了され、私は患者さんの自信と笑顔を引き出す歯科衛生士になりたいと考え志望いたしました。

前職で審美歯科の重要性を実感し、美しい歯並びが人々の生活に与える影響に感動しました。患者さんの個々のニーズに寄り添いながら、トリートメントを提供することで、自信を取り戻すお手伝いをしたいです。

貴院のような専門的な技術を駆使する環境で、患者さんの笑顔を輝かせる歯科衛生士として貢献したいと思っています。

「審美歯科」を志望した例文です。

審美歯科では高いホスピタリティが求められます。志望動機内で「個々のニーズに寄り添いながら」という言葉を使うと文章がきれいに仕上がりますよ。

管理人

審美歯科では、ビジネスマナーが重視されます。基本的なビジネスマナーに関しては、「面接に落ちる理由」の記事で紹介しています。

\無料でプロが添削してくれる/

理想の職場に内定を目指そう

⑥矯正歯科の場合

矯正歯科の場合
矯正歯科の場合

矯正歯科の世界に興味を持ち、私は患者さんの美しい歯並びと健康な咬合を支える歯科衛生士になりたいと考えています。

前職で矯正治療の重要性を学び、正しい噛み合わせが口腔機能と美しさに与える影響に感銘を受けました。患者さんの個別のニーズに応じた治療プランを提供し、笑顔を引き出すお手伝いをしたいです。

貴院のような矯正治療を専門に行う環境で、患者さんの健康と自信をサポートする歯科衛生士として活躍したいと願い、志望いたします。

「矯正歯科」を志望した例文です。

矯正歯科は自費治療なので、審美歯科同様に高いホスピタリティが求められます。

応募先クリニックのホームページをしっかりと見て「他の矯正歯科とどう違うのか」説明できるようにしておきましょう。

管理人

矯正治療は辛く治療期間も長いので、患者さんに寄り添える思いやりのある歯科衛生士が重宝されます。また、面接時の清潔感もかなり重要になってきます。

\無料でプロが添削してくれる/

理想の職場に内定を目指そう

⑦口腔外科の場合

口腔外科の場合
口腔外科の場合

口腔外科に興味を抱き、私は患者さんの健康と快適な生活をサポートする歯科衛生士になりたいと考えています。

前職で口腔外科の治療に関わる経験を通じて、患者さんの口腔機能と自信を向上させる重要性を学びました。患者さんとのコミュニケーションを通じて不安を和らげ、手術に対する理解を深めるお手伝いをしたいです。

貴院のような専門知識を提供する環境で、患者さんの口腔健康と生活の質を向上させる歯科衛生士として活躍したいと願っています。

「口腔外科」を志望した例文です。

口腔外科を専門に診療するクリニックでは、患者さんがクリニックや気になる症状から疑われる病変を調べてから来院するケースがほとんどです。

粘膜疾患や全身管理など専門的な知識が求められるので、その道のプロフェッショナルになれますよ。

管理人

上記の例文は一般的なクリニックだけでなく、大学病院の口腔外科でも活用できます。

\無料でプロが添削してくれる/

理想の職場に内定を目指そう

⑧インプラント専門歯科の場合 

インプラント専門の場合
インプラント専門歯科の場合 

貴院のようにインプラントに力を入れている歯科に魅了され、私は患者さんの口腔機能と美しさを取り戻す歯科衛生士になりたいと考えています。

前職でインプラント治療の重要性を学び、患者さんが自然な咬合を取り戻す瞬間に感動しました。患者さんの個別の状況に合わせたトリートメントを提供し、口腔健康と生活の質を向上させるお手伝いをしたいです。

貴院のような最新の技術を学ぶ環境で、患者さんの満足と笑顔を引き出す歯科衛生士として成長し貢献したいと願っています。

「インプラント専門歯科」を志望した例文です。

インプラント治療では、禁煙指導や口腔清掃指導が重要になります。また、入職後も覚えることがたくさんあります。

勉強する意欲と貢献したい気持ちをストレートに伝えることができるといいですよ。

管理人

認定も目指せるので、事前の情報収取は入念にしておきましょう。

\無料でプロが添削してくれる/

理想の職場に内定を目指そう

3.キャリア別:志望動機例の紹介

キャリア別志望動機例

キャリア別の志望動機を例文を用いて紹介していきます。

志望動機は個人の経験や思いによって異なりますので、自分の経験や意欲に合わせてカスタマイズしましょう。

1つずつ解説していきます。

①経験者

経験者の場合
経験者の場合

歯科衛生士学校を卒業してから4年間、小児歯科をメインとするクリニックに勤務しています。

一般歯科でより多くの患者さんに寄り添いたいという思いから、貴院を志望しました。

貴院のような先進的な治療法やチームワークを大切にする環境で、今後はさらなるスキルアップと成長を目指します。患者さんの信頼を勝ち取り、専門性と情熱を持った歯科衛生士として貢献したいと考えております。

今まで勤務経験がある歯科衛生士は、より具体的なアピールがしやすいというメリットがあります。

その反面、卒戦力として経験やスキルが求められることもあるでしょう。

管理人

この時、前職の悪口は禁句です。
転職理由は簡素にポジティブに伝えるようにしましょう。

前職を辞めた理由と今回の職場を選んだ理由は、必ず記載しましょう。

\無料でプロが添削してくれる/

理想の職場に内定を目指そう

②転職回数が多い

転職回数が多い場合
転職回数が多い場合

わたしはこれまでさまざまな歯科医院で働き、幅広い知識や技術を習得してきました。

これにより、短時間でスタッフと円滑なコミュニケーションが取れるようになったほか、どのような状況でも焦らず適切に衛生士業務ができるようになりました。

これまで習得してきたすべてのスキルを活かし、今後は地域医療を支える一因として貴院で頑張りたいと思い志望いたしました。生涯にわたった患者様の口腔内の健康を一緒に考える歯科衛生士として、長く働いていきたいと思っております。

転職回数が多いことは履歴書からわかるので、必ず辞めた理由を聞かれます。

伝え方によっては、ネガティブな印象を与えてしまうので、なるべくポジティブに変換するようにしましょう。

管理人

伝え方次第で経験豊富な即戦力として採用のチャンスが上がりますよ!

\無料でプロが添削してくれる/

理想の職場に内定を目指そう

③ブランク

ブランクがある場合
ブランクありの場合

わたし28歳までの7年間、インプラント専門歯科で、歯科衛生士として働いてきました。出産と育児で一度は離職しましたが、子育てが落ち着いたため、復職を希望しています。

貴院は子育てをしながら働いている復職者が多く魅力を感じました。また、貴院のある〇〇市は夫の故郷であり、身内の協力が得られることから再び歯科衛生士として長く活躍できればと思っています。

今回復職にあたっては、県の復職支援制度を活用し3か月間の研修を行いました。ブランクを感じさせないよう努力を重ね、貴院に貢献するため尽力したいです。

ブランクありは転職で不利になりやすいので、今までの経験やこれからの意気込みを上手に伝える必要があります。

どんな事情でどれくらい臨床から離れていたか的確に説明しましょう。

また、介護や子育てなど各々の家庭事情も事前に伝えておくと、理解が得やすいです。

管理人

どこの歯科医院も人出不足なので、温かく迎えてくれますよ。

\無料でプロが添削してくれる/

理想の職場に内定を目指そう

④未経験分野の場合

未経験分野の場合
未経験分野の場合

わたしは今まで5年間、一般歯科でお子様からご高齢の患者様まで幅広い年齢層の方を対応してきました。様々な診療を行う中で、特に惹かれたのがインプラント診療です。

貴院はインプラントを専門に診療しているため、未経験ながらも専門的に学びたいと思い今回志望いたしました。

まだまだ知識不足ですが、これまでに得た能力を活かしながら、積極的にスキルアップに励みたいと思っています。

様々な症例を経験しインプラント治療への理解を深めるとともに、一日でも早く貴院や患者様に貢献したいと考えております。

未経験分野から転職する場合には、なぜこの業界で働こうと思ったかを説明しましょう。

加えて、今後はどのように専門性を高めていきたいか伝え、やる気を見せることができると良いですよ。

管理人

応募先のホームページを見て、今後自分がやってみたいことを伝えましょう。

\無料でプロが添削してくれる/

理想の職場に内定を目指そう

⑤新卒

新卒の場合
新卒の場合

わたしが歯科衛生士になりたいと思うようになったのは、小学生~中学生の時に矯正治療を行っていた時に、歯科衛生士さんにとても優しくしてもらったのがきっかけです。矯正治療に対する励ましの言葉がとても嬉しかった記憶があります。

貴院はユニット数が多く、1日にたくさんの患者様を受け入れていることからより幅広い症例に対応できると思い志望しました。

不安や痛みを抱えた患者様に寄り添い、一人でも多くの方のお口の健康をサポートしたいです。

貴院で学びながら地域に貢献し、将来は歯科衛生士として後輩を指導できるような立場にも立ちたいと思っています。

新卒の場合、学生時代どんなことに興味を持ち、なぜこの職場を選んだのか適切に伝えましょう。

歯科医院でのアルバイト経験があると好印象です。

また今後どのように専門性を高め、歯科衛生士として活躍したいか説明できると良いですよ。

管理人

新卒歯科衛生士の採用を積極的に行っている事業所とそうではない事業所があります。新卒歓迎の職場は、同期がいたり研修制度が整っているため求人票をよく見て応募しましょう。

\無料でプロが添削してくれる/

理想の職場に内定を目指そう

4.志望動機の添削をしてもらうなら

志望動機を添削してもらうなら

ここまで、分野別キャリア別に例文を紹介しましたが、自分で作成するのが難しい方は転職エージェントに添削してもらいましょう。

転職エージェントとは別名キャリアアドバイザーのことで、あなたの転職活動を手厚くサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーのサポート内容
  • 求人紹介
  • 給料や待遇の条件交渉
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 見学の日程調整、見学同行
  • 面接の日程調整、面接対策
管理人

志望動機の添削ももちろん対応してもらえます!

転職希望者は求人紹介から履歴書添削まで、すべて無料で活用できるので使わないと損ですよ。

5.志望動機の添削をしてもらえるおすすめ転職サイト

添削してもらえるおすすめの転職サイト

志望動機の添削をしてもらうなら、以下の転職エージェントがおすすめです。いずれのサービスも無料で利用できるので、不安な方はぜひ活用しましょう。

管理人

各サービスの特徴を解説していきます。

①デンタルワーカー

デンタルワーカー公式サイト画像
引用:デンタルワーカー公式サイト
デンタルワーカーの特徴
  • トップクラスの求人数
    • 条件に合う求人を上限なく紹介可能。また学校や企業案件までそろえているため、自分の可能性を広げてくれる。
  • 求人サイトではなく転職エージェント
    • 求人には直接応募できない。必ずデンタルワーカーの担当者と面談する必要がある。
  • 利用者の満足度が高い
    • 当サイト実施のアンケートでは、サポートに言及したポジティブな口コミが多く寄せられた。

デンタルワーカーは全国どの地域でも求人数が多く転職開始から入職後まで手厚いサポートが魅力の紹介型転職サイトです。

歯科業界に専門に取り扱うプロフェッショナルなアドバイザーが転職サポートしてくれます。

その勢いはすさまじく、デンタルワーカーを運営する株式会社トライトキャリアの大元の株式会社トライトは、2023年7月24日にグロース市場に上場しました。(証券コード:9164)

転職成功したい方は、必ず登録しておきましょう。

\慣れない転職もフルサポート/

業界大手で利用者満足度No.1

管理人

筆者も実際に過去転職活動で利用したことがあります。何社か使った中では一番担当者のレベルが高く、対応の質が良かった印象でした。

デンタルワーカーの基本情報
タイプ転職エージェント
求人数13,187件+非公開求人
雇用形態正社員・アルバイト/パート
連絡手段電話・メール・LINE
対象地域全国
就職先歯科医院・病院
高齢者施設・障がい者施設
許認可番号27-ユ-301770
運営会社株式会社トライトキャリア
公式サイトhttps://dental-worker.com/
引用:株式会社トライト 会社概要
デンタルワーカーの口コミ

デンタルワーカーは、良かったです。 こちらも、たまに掲載したままの求人がありましたが、ほとんどは更新されてました。 それから、担当さんに気になる歯科を伝えると 院内の感じや、給与面で聞きにくいこと、待遇で聞きにくいことも全て根掘り葉掘り聞いてきてくれます。笑 だから、楽です。また使うと思います。

引用:Yahoo!知恵袋

②ファーストナビ歯科衛生士

ファーストナビ歯科衛生士
引用:ファーストナビ歯科衛生士公式サイト
ファーストナビ歯科衛生士の特徴
  • 一都三県の公開求人数が業界最多
    • 全国的に最大級の求人数だが、一都三県では業界ナンバーワン
  • 求人サイトではなく転職エージェント
    • 求人には直接応募できない。必ずファーストナビ担当者と電話面談する必要がある。
  • DH資格を持つアドバイザー複数在籍
    • 将来のキャリアビジョンを含め、アドバイスの的確さは圧倒的

ファーストナビ歯科衛生士は、2014年にサービスを開始した「歯科衛生士・歯科助手の転職に特化した転職エージェント」です。

全国どの地域でも求人数が多く転職開始から入職後まで手厚いサポートが魅力の紹介型転職サイトです。

歯科衛生士免許を持ったアドバイザーが複数在籍し、経験をもとに専門的なアドバイスをしてもらえます。デンタルワーカーで物足りなさを感じた方はファーストナビ歯科衛生士に登録しましょう

\求人数業界最大級/

DH免許保持のアドバイザー在籍

管理人

歯科衛生士免許をもったキャリアアドバイザーが複数在籍しているのはファーストナビ歯科衛生士ならではの強みですよ。

ファーストナビ歯科衛生士の基本情報
タイプ転職エージェント
求人数24,319件(DH 15,438件/DA 8,881件)
+非公開求人※2024.05現在
雇用形態正社員・パート
連絡手段電話・メール・LINE
対象地域全国
就職先歯科医院・病院・学校・企業
許認可番号01-ユ-300369
運営会社株式会社ファーストコネクト
電話番号0120-111-539 平日9:30~20:30
公式サイトhttps://sikaeiseisi.firstnavi.jp/
引用:ファーストコネクト
ファーストナビ歯科衛生士の口コミ

はじめは連絡がたくさん来て驚きましたが、希望の条件に合う歯科医院から急募の求人が出たとき担当の方が真っ先に連絡をくれ嬉しかったです。

当サイト独自のアンケート

③DENTALHAPPY

DENTALHAPPYの画像
引用:DENTALHAPPY
デンタルハッピーの特徴
  • 首都圏の転職に強い
    • 全国の求人を取り扱うが、約半数は首都圏の求人。
  • 求人サイトではなく転職エージェント
    • 求人には直接応募できない。必ずデンタルハッピーの担当者と面談する必要がある。
  • 歯科医院の口コミが見れる
    • LINE登録をするだけで、医院を知るDH約7,000名の口コミ情報が見れる。

デンタルハッピーは、2008年にサービスを開始した「歯科衛生士の転職に特化した転職エージェント」です。

公式サイトで求人情報を見ることができますが、掲載されている求人に直接応募することはできません。デンタルハッピーの担当者と面談のうえ、紹介してもらう必要があります

非公開求人を含む求人数の多さに定評があり、必ず登録しておきたいサービスです。

\友達にすすめたいサイトNo.1/

条件×人柄重視の丁寧な職場探しに定評あり

管理人

なんと出身学校別にデンタルハッピーを利用した歯科衛生士の口コミが見れます。筆者の同級生も利用しており、口コミがより身近に感じました。

デンタルハッピーの基本情報
タイプ転職エージェント
求人数7,300件+非公開求人※2024/4現在
雇用形態正社員・アルバイト/パート
連絡手段電話・SMS・メール・LINE
対象地域全国
就職先歯科医院・病院
許認可番号13-ユ-309223
運営会社株式会社 Dental Happy
電話番号03-6661-6948 平日9:00~18:00
公式サイトhttps://dental-happy.net/
引用:デンタルハッピーの会社概要
デンタルハッピーの口コミ

前職で産休育休を取得し、復帰直前に揉めてしまい退職した際にお世話になりました。
働き方、医院の雰囲気、ドクターの人柄、スタッフの人間関係、給与面など細かくヒアリングして頂いた上で数パターンの求人を提示していただき、サポートしていただきました。
当初子育てと両立することを考えていたため、パートでの求人を探していましたが、ご縁があった歯科医院様で時短正社員として採用していただきました。ちょうどコロナが流行り始めた頃だったので、もう少し就活が遅かったら今頃仕事も見つからずに困り果てていたと思います。サポートをお願いしてから再就職まで1ヶ月かからず、とても迅速に対応していただきました。本当にありがとうございました。

GoogleMaps

6.よくある質問

よくある質問
転職サイトの利用は料金がかかる?

転職希望者は無料で利用できます

転職サイト/エージェントはなぜ無料で利用できるの?

求職者が無料で利用できるのは、職業安定法によって「求職者から手数料や報酬を受けてはならない」と定められているからです。※参考:職業安定法32条

新卒やブランクありでも転職サイト/エージェントは利用できる?

利用できます。また、転職エージェントはあなたに合った職場を紹介してくれます。

転職サイト/エージェントは複数利用するべき?

複数利用するべきです。

その理由は、同じ求人でも転職サイトによって内容が違ったり、キャリアアドバイザーの対応が違うからです。比較してより良い転職先を見つけるために、必ず複数利用しましょう。

転職サイト/転職エージェントは常勤以外の求人もあるの?

あります。

常勤・時短正社員・自分の働き方に合わせて転職活動をしましょう。

すぐに転職予定はないけれど求人だけ見たい!情報収集だけしたい!

大丈夫ですよ!会員登録時にお知らせメールやスカウト機能をオフに設定しましょう。

転職活動で内定をもらったけどやっぱり辞退したい

大丈夫です。辞退する場合は、各事業所の採用担当者に連絡しましょう。

転職エージェントを利用している場合、担当者に連絡しましょう。

歯科衛生士の就業者数は?

直近の調査では、全国の歯科衛生士数は145,183人です。(参考:令和4年衛生行政報告例〔就業医療関係者〕の概況

就業場所別の歯科衛生士数は以下のようになっています。

引用:日本歯科衛生士会
認定歯科衛生士の資格をとると給料は上がりますか?

資格手当として給料に加算してくれる医療施設では、毎月1~3万円程の金額がプラスされることがあります。

しかし、認定歯科衛生士をとったとしても資格手当を支給してくれる歯科医院ばかりとは限りません。入社前に確認しましょう。参考:日本歯科衛生士会「認定歯科衛生士について

歯科衛生士として復職したいのですがブランクがあるので不安です

歯科衛生士として復職する際にブランクがあることで不安な方は、セミナーや研修を受講する方法がおすすめです。

都道府県ごとの復職支援事業に関しては「歯科衛生士の復職支援事業」をご覧ください。

歯科衛生士を辞めたい……3年続けないとダメ?

どうしても辞めたいときは、やめてOKです。

やめたい理由によって対応方法が異なるので、詳しくは「歯科衛生士を辞めたいのは甘え?」という記事をご覧ください。

歯科衛生士の非公開求人って?

一般的に公開されていないエージェントからの紹介が必要な求人情報です。

非公開求人に関しては、【歯科衛生士の非公開求人とは】という記事をご覧ください。

歯科衛生士の面接で落ちた理由は?

状況によってさまざまな理由が考えられます。

詳しくは「歯科衛生士の面接で落ちた理由」という記事で解説しています。

歯科衛生士の履歴書作成のポイントは?

履歴書作成時に大切なポイントは複数あります。

詳しくは「歯科衛生士『履歴書』書き方ガイド」の記事をご覧ください。

歯科衛生士の志望動機の書き方が分からない

志望動機はいくつかのポイントを押さえて書く必要があります。

詳しくは「歯科衛生士の志望動機のポイント」という記事で解説しています。

歯科衛生士免許の氏名変更時に注意することは?

氏名変更時には、新規免許発行まで最大2か月の期間がかかるため、なるべく早めに行動することが大切です。

詳しくは「歯科衛生士免許の氏名変更」の記事をご覧ください。

歯科衛生士の平均年収は?

最新版歯科衛生士の平均年収は404.3万円です。

歯科衛生士の平均年収いくら?」という記事で詳しく解説しています。

歯科衛生士は年収1000万円稼ぐことは可能?

限りなく不可能に近いです。詳しくは「歯科衛生士は年収1000万円稼げる?」という記事で解説しています。

そのほか年収に関する記事はこちらからご覧ください。

歯科衛生士が稼ぐ方法は?

今より稼ぐ方法は以下の4つです。

  • 転職
  • 副業
  • 資産運用
  • 独立

詳細は「歯科衛生士は稼げない?給料が低い理由と対処法」という記事をご覧ください。

歯科衛生士は副業をしてもいい?

副業をしても良いかどうかは、各勤務先の就業規則によって異なります。

おすすめの副業や、注意点を知りたい方は「歯科衛生士におすすめの副業」という記事をご覧ください。

歯科衛生士の給料は安い?ほかの業種と比較した結果は?

代表的な医療福祉系国家資格と比較し、歯科衛生士の給料は低いです。

詳細は「歯科衛生士の給料は安い?」という記事で解説しています。

歯科衛生士の手取りは?

最新の歯科衛生士の月収は「29万6,200円」です。

詳細は「歯科衛生士の手取りについて解説」という記事をご覧ください。

 

歯科業界の最新動向に関する資料

データで知る歯科業界

歯科医院・歯科医師に関する資料

歯科診療所数の年次推移

歯科診療所件数の年次推移
  • 2016年まで増加傾向だが、2017年以降減少に転じる。
  • 人口減少ならびに歯科医師国家試験合格者数の制限より、今後歯科診療所は微減し続けると予想される。

都道府県別歯科診療所数

都道府県別歯科診療所数
  • 東京都が最も多く、最も少ない鳥取県の42倍の歯科医院を有する。
  • 地域によってかなりばらつきがある。

都道府県別歯科医院数 3年推移

都道府県別歯科医院数3年推移
  • 東京都の歯科医院数が抜きん出て多い。
  • 一部の都道府県を除き、横ばいもしくは微減している。

都道府県別歯科医院数 上位10都道府県

都道府県別歯科医院数
上位10都道府県
  • 東京都の歯科医院数は全国的に見て圧倒的に多い。
  • 歯科医院の数は人口や市場規模、歯科衛生士学校数、歯学部数に必ずしも比例していない。

都道府県別歯科医院数 下位10都道府県

都道府県別歯科医院数 下位10都道府県
  • 人口が少ない都道府県は歯科医院数も少ない。
  • 人口密度が少ない都道府県は歯科医院数も少ない。

地方での医療アクセスの悪さが懸念される。

対10万人あたりの歯科医院数 上位10都道府県

対人口10万人あたりの歯科医院数
上位10都道府県
  • 東京が最も多く、医療サービスの高い需要が影響していると考えられる。
  • 歯学部の設置されていない和歌山、兵庫が10位以内であることから、歯学部数に必ずしも比例していない。

対10万人あたりの歯科医院数 下位10都道府県

対人口10万人あたりの歯科医院数 下位10都道府県
  • 下位10都道府県にはいずれも歯学部を有する大学がない。
  • 人口数や人口密度との相関が考えられる。

歯科医師数の年次推移

  • 虫歯の洪水時代から歯学部が多数設置され、歯科医師数が増えすぎたため定員を縮小した背景がある。

都道府県別歯学部数

北海道・東北地方
  • 北海道:2校(北海道大学、北海道医療大学)
  • 岩手県:1校(岩手医科大学)
  • 宮城県:1校(東北大学)
  • 福島県:1校(奥羽大学)
関東地方
  • 東京都:4校(東京医科歯科大学、日本大学、日本歯科大学、昭和大学)
  • 千葉県:3校(東京歯科大学、明海大学、日本大学松戸歯学部)
  • 神奈川県:2校(鶴見大学、神奈川歯科大学)
  • 埼玉県:1校(明海大学)
中部地方
  • 新潟県:2校(新潟大学、日本歯科大学新潟キャンパス)
  • 長野県:1校(松本歯科大学)
  • 岐阜県:1校(朝日大学)
  • 愛知県:1校(愛知学院大学)
近畿地方
  • 大阪府:2校(大阪大学、大阪歯科大学)
中国・四国地方
  • 岡山県:1校(岡山大学)
  • 広島県:1校(広島大学)
  • 徳島県:1校(徳島大学)
九州地方
  • 福岡県:3校(九州大学、福岡歯科大学、九州歯科大学)
  • 長崎県:1校(長崎大学)
  • 鹿児島県:1校(鹿児島大学)
  • 歯学部設置大学が2つ以上の自治体が7都道府県ある一方、北陸地方のように1つも歯学部がない地域もある。

歯科衛生士に関する資料

歯科衛生士の平均年収

  • 全都道府県含めた歯科衛生士の平均年収は404万円であり、日本人の平均年収よりも低い。

歯科衛生士の年収推移(2001-2023)

厚生労働省 平成13年から令和4年の賃金構造基本統計調査より歯科衛生士の年収推移
  • 直近20年間で歯科衛生士の平均年収は60万円近く上昇した。

歯科衛生士の都道府県別年収ランキング

  • 1位の宮城県と最下位の大分県では約227万円の差がある。
  • 上位10位以内に大阪府が入っていないことから、都市部だからといって平均年収が高いわけではない。

どの都道府県で働くかが重要

年齢階級別歯科衛生士数

  • 54歳までの全年代で、比較的同程度の人数が歯科衛生士として就業している。

就業場所別歯科衛生士数

  • 約91%の歯科衛生士が診療所に就業している。

日本全体及び女性の平均年収との比較

歯科衛生士の平均年収を日本全体および女性の平均年収と比較した折れ線グラフ
国税庁「標本調査結果」をもとに作成
  • 歯科衛生士の平均年収は、日本人の平均年収より低く、女性の平均年収より高い。

歯科衛生士国家試験合格者数の推移

歯科衛生士国家試験合格者数の推移
2006年から2024年までの受験者数、合格者数、合格率を表している。
  • 2006年から2024年までの歯科衛生士国家試験の平均合格率は95.44%であり、高い水準を維持している。
  • 2013年には2年制から3年制への移行により受験者数が大幅に減少したが、全体的に合格者数と合格率は年ごとに安定している。
参考文献
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次