マイナビエージェントは歯科衛生士でも使えるって本当? | 口コミ0件の実態

マイナビAGENTは歯科衛生士でも使える?口コミ0件の実態とは アイキャッチ画像
この記事の要約
  • 歯科衛生士でも使える
    • 歯科関連企業や異業種への転職で探すなら利用すべき。ただ、そもそも歯科衛生士向けではなので、口コミは1件も見つからない。
  • 歯科医院への転職であれば歯科に特化したエージェントを使いましょう

この記事では、マイナビエージェントは歯科衛生士での転職でも使えるかを解説しています。

実は歯科衛生士の転職では、「使うべき転職サイト」と「使わない方が良い転職サイト」があります。

この記事を読むことで歯科衛生士の転職におすすめの転職サイトが分かりますよ。

この記事を書いた人
歯科衛生士による歯科衛生士のための情報サイト【みすログ】管理人みすー
管理人:みすー
  • 現役歯科衛生士
  • 2度の転職で年収100万UP
  • 転職アドバイザー
もっと詳しく

みすログでは「歯科衛生士のための総合情報サイト」をコンセプトに、主に歯科衛生士の転職について発信しています。

目次〜好きなとこだけ読む〜

結論:求人もあり歯科衛生士でも使える

マイナビAGENTは歯科衛生士でも使えます

マイナビエージェント公式サイトの検索窓に【歯科衛生士】と入力して、全国で5件の公開求人が見つかりました。

公開求人とは別に非公開求人があるとは言え、正直かなり求人数が少ないです

マイナビAGENTの歯科衛生士資格を生かせる求人数は5件
マイナビAGENT公式サイトより引用

口コミ0件の真相は?

実際にSNS上でも、マイナビエージェントを利用した歯科衛生士の口コミが全く見つかりませんでした※2023.10時点

みすー

わたしには100人以上の歯科衛生士の仲間がいます。しかし、マイナビエージェントを利用して転職した人は1人もいませんでした。

このことから、マイナビエージェントを利用して転職活動を行っている歯科衛生士は限りなく0に近いことがわかります。

求人数が少ないので、転職者も少ない

ネット上に口コミを書く人は、全体の32%との研究結果も分かっています。

※参考論文

分析の結果、口コミ投稿経験者は約32%にとどまった。

(中略)

口コミを投稿している人はインターネット利用者の約3分の1に過ぎずその口コミも、ある特定の属性を持った人々が投稿しやすい傾向がある。そして、虚偽の口コミは少なからずあり、特に、若い人、既婚者、男性を対象とするような製品・サービスではその傾向が強まるといえる。

引用:(虚偽の)口コミ投稿行動と人々の属性・動機との関係の実証分析

  • 求人数が少ない
  • 転職者も少ない
  • 口コミを書く人は全体の32%程度

上記のことは、マイナビエージェントで転職した歯科衛生士の口コミが0件だったことと相関関係があると言えます。

みすー

しかし、口コミが0件だから決して悪いというわけではありません。

積極的におすすめしない理由

歯科衛生士にマイナビAGENTをお勧めしない理由

マイナビエージェントを積極的におすすめしない理由は以下の通りです。

歯科衛生士がマイナビエージェントを使わない方がいい理由
  • 求人数が少なく、選択肢が限られる
  • 担当者が歯科業界に詳しくない可能性

それでは1つずつ解説していきます。

理由①求人数が少なく、選択肢が限られる

マイナビAGENTの画像
マイナビエージェント公式サイトより引用

マイナビAGENTは、大手総合転職サイトの1つであらゆる業種、職種の求人をまんべんなく紹介しています。

サイト全体の求人数は多いのですが、「歯科衛生士」の求人は少ないです。

マイナビエージェント5件
デンタルワーカー約16,000件
ファーストナビ歯科衛生士約12,000件
JOB歯科AGENT約2,000件
マイナビエージェントと歯科専門転職エージェントの比較

求人数が少ないと、自分の理想とする歯科医院を見つけることが難しくなります

みすー

転職成功には、多くの情報を集め、選択肢を広げることが大切!

「大手だから安心」と歯科衛生士の転職に向いていないサイトに登録してしまうと、「自分に合った求人が思うように見つからない」という事態になりかねません。

理由②担当者が歯科業界に詳しくない可能性

マイナビ
エージェント
歯科専門
エージェント
歯科医院の
内部事情
知らない熟知
アドバイス一般的専門的
履歴書添削一般的専門的
給与交渉できる得意
歯科業界の
情報量
乏しい圧倒的
面接同行不可能可能
エージェントごとの比較表

大手総合転職サイトでは、担当のキャリアアドバイザーが歯科業界に詳しくない場合があります。

転職サイトを利用するメリットのひとつは、専門のキャリアアドバイザーが登録者ひとりひとりに担当者としてつき、それぞれに適したアドバイスやサポートを行ってくれる事です。

しかし、担当者が歯科業界に詳しくないと、適切なアドバイスをもらったり、歯科医院の情報を教えてもらったりすることは難しいです。

みすー

情報不足で合わない歯科医院に入ってしまい、転職を繰り返すのは悪循環!

大手だからと言って歯科衛生士の転職が必ずうまくいくとは限りません。注意しましょう。

マイナビエージェントがおすすめな人

マイナビAGENTの利用がおすすめな人

歯科医院の求人を探す場合には、マイナビエージェントはおすすめしません。

しかし、歯科衛生士の転職でもマイナビエージェントがおすすめな場合もあります。

マイナビエージェントの利用がおすすめな人
  • 歯科衛生士から異業種への転職
  • 自分の市場価値を知りたい

ここからは、マイナビエージェントの利用がおすすめな人を紹介していきます。

①歯科衛生士から異業種への転職

歯科衛生士から一般企業への就職を目指す方は、求人数の多いマイナビエージェントを活用しましょう。

マイナビAGENTの未経験求人数のスクリーンショット
マイナビエージェントトより引用

【未経験】のキーワードで検索すると、3,000件以上の求人情報が見つかりました。※2023.10時点

企業の選択肢が多いため、あなたの希望の条件にあった企業が見つかりやすいですよ。

みすー

どんな求人があるか見てみましょう。

※なお、一般的に未経験が歓迎されるのは20代までです。30代以降だと即戦力が求められるので、異業種への転職は早くするにこしたことがありません。

②自分の市場価値を知りたい

自分の市場価値を知る方法
  • キャリアアドバイザーに転職相談する
  • 転職サイトに登録し、企業からのスカウトを待つ

マイナビエージェントでは、担当のキャリアアドバイザーがつき、あなたの転職先を探すお手伝いをしてくれます。

様々な業界を知り尽くしたキャリアアドバイザーとの面談を通じ、自分の市場価値を知ることができます

みすー

市場価値とは、「転職市場で、企業が自分をどのように評価するか」という指標のこと!

歯科業界だけでなく、広い視野であなたの市場価値を教えてくれるので、自分のキャリアを考えるいいきっかけになりますよ。

歯科衛生士が利用すべき転職サイト

歯科衛生士が利用すべき転職サイトは?
スクロールできます
転職サイト名公開求人数連絡方法対応エリア特徴コメント
デンタルワーカーのロゴ13,000件電話
メール
LINE
全国年間3万人転職成功!※トライトグループ合計
必ず登録しておきたい転職サイト
ジョブメドレーのロゴ16,000件メール
LINE
全国スカウト機能あり!
75の検索項目から職場探しをしよう
JOB歯科AGENTのロゴ2,000件電話
メール
LINE
全国妥協しない職場探しをサポート
首都圏を中心に高収入の求人多数
歯科転職ナビのロゴ7,000件電話
メール
LINE
全国キャリアアドバイザーの質の高さが評判
マイペースな転職に定評あり!
クオキャリアのロゴ1,100件メール全国厳選された大型法人多数!
学生・新卒へのサポートが手厚い
ファーストナビ歯科衛生士のロゴ12,000件電話
メール
全国年間2万人の歯科衛生士が登録!
DHの資格をもつアドバイザー複数在籍
GUPPYのロゴ10,000件メール全国医療・介護・福祉で年間382万人が利用!
学生・新卒へのサポートが手厚い
デンタルハッピーのロゴ8,000件電話
メール
LINE
全国歯科衛生士7,000名の口コミが分かる!
歯科衛生士求人サイト比較(2023年7月更新)

上記までの結論として、歯科衛生士の歯科業界への転職では、歯科業界に特化した専門の転職サイトを利用しましょう。

専門の転職サイトであれば、業界に特化した豊富な求人の中から、希望条件に合う案件を見つけ出すことができます。

担当のキャリアアドバイザーが、歯科衛生士転職に関する深い知識を持っているというのも大きな魅力です。

歯科衛生士ならではの悩みやニーズを汲み取って、プロの視点から最適であると判断した求人を紹介してもらうことができます。

みすー

転職成功には、多くの情報を集め、選択肢を広げることが大切です。2つ以上の転職サイトに登録しましょう。

ここまでのまとめ

歯科業界に特化した転職サイトを使いましょう
マイナビエージェント×歯科衛生士
  • 歯科衛生士におすすめしない理由
    • 歯科衛生士向けの求人が少ない
    • キャリアアドバイザーの専門性に欠ける
  • おすすめする人
    • 異業種への転職
    • 自分の市場価値を知りたい

歯科衛生士の転職では、異業種へ転職したい場合を除き、歯科衛生士に特化した専門の転職サイトを利用しましょう

転職成功させるためには、多くの情報を集め、選択肢を広げることが大切です。

2つ以上の転職サイトを活用しましょう。

おすすめの転職サイト

歯科衛生士向け転職サイトおすすめ

歯科衛生士におすすめの転職サイトを紹介していきます。厳選するにあたり、下記の軸で比較して表に整理しました。

転職サイトの比較ポイント

まずは転職サイトの概要をまとめた表とTOP5の特徴を解説していきます。

スクロールできます
順位転職サイト総合評価公開求人満足度特徴・コメント
第1位の意味を示すトロフィー
1位
デンタルワーカーロゴ
デンタルワーカー
約13,000件4.4/5.0
高い
非公開求人多数
専門性の高いアドバイザーが多数在籍
第2位の意味を示すトロフィー
2位
ファーストナビ歯科衛生士ロゴ
ファーストナビ
約13,000件4.2/5.0
高い
4人に1人のDHが登録!
DHの資格をもつアドバイザー複数在籍
第3位の意味を示すトロフィー
3位
ジョブメドレーロゴ
ジョブメドレー
約16,000件3.2/5.0
普通
スカウト機能が魅力!
75の検索項目からマイペースに職場選び
4位JOB歯科AGENTロゴ
JOB歯科AGENT
約2,000件3.0/5.0
普通
首都圏の好条件医院に強い
妥協しない仕事探しができる
5位歯科転職ナビロゴ
歯科転職ナビ
約6,900件4.1/5.0
高い
実績・顧客満足度No.1
企業・学校求人取り扱いあり!
歯科衛生士におすすめの転職サイト

アンケート取得方法

迷ったら上位3位への登録をおすすめします。求人数の多い”大手”の転職サイトほど、多様な求人を見ることができるからです。

まずはそれぞれの転職サイトの特徴を見て「働きたい雇用形態・地域に対応しているか」「希望の就職先の求人があるか」を確認しましょう。

転職サイト登録のポイント

転職サイトは複数利用するようにしましょう。なぜなら転職活動の成功のカギは情報量と言っても過言ではないからです。

全ての転職サイトが無料で使えるので、理想の求人と出会えるよう十分に情報収集するのがおすすめです。

目的別転職サイトの選び方

歯科衛生士向け転職サイト 目的別おすすめ転職サイト

実は転職サイトによって強みが違います。それぞれの転職サイトの特徴を知り、自分に合う転職サイトを選びましょう。

1つずつ解説していきます。

①転職サポートが充実しているサイト

転職サポートが充実した転職サイトは初めてや慣れない転職の方におすすめです。転職のプロであるキャリアアドバイザーがあなたを担当し、転職の手伝いをしてくれます。

キャリアアドバイザーのサポート内容
  • 求人紹介
  • 給料や待遇の条件交渉
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接の日程調整、面接対策
みすー

自分一人で転職していたら得られないメリットです。

スクロールできます
順位転職サイト評価タイプ求人数個別解説
第1位の意味を示すトロフィー
1位
デンタルワーカーロゴ
デンタルワーカー
紹介型約13,000件詳細
第2位の意味を示すトロフィー
2位
JOB歯科AGENTロゴ
JOB歯科AGENT
紹介型約2,000件詳細
第3位の意味を示すトロフィー
3位
ファーストナビ歯科衛生士ロゴ
ファーストナビ
紹介型約13,000件詳細
第3位の意味を示すトロフィー
3位
歯科転職ナビロゴ
歯科転職ナビ
紹介型約6,900件詳細
サポートが充実している転職サイト

もし迷ったら、いったんデンタルワーカーに登録しておけば十分です。毎年多くの歯科衛生士が転職した実績を持つデンタルワーカーのサポート力は、あなたの転職を成功に導いてくれますよ。

②給与から職場を探せるサイト

高給与の職場で働きたい歯科衛生士のあなたは、給与から職場を探せる転職サイトを活用しましょう。給与から検索する方法は、「年収」「月収」「時給」の3つがあります。

正社員の場合、月収は最も分かりやすい指標です。

しかし高月収求人の中には、「給与が高く見える固定残業代込みの月収」や「長年働いても昇給がない月収」のようなブラックな職場もあります

給与を重視する歯科衛生士のあなたは「年収」という観点で職場選びをしましょう。おすすめの転職サイトは以下の通りです。

スクロールできます
順位転職サイト評価タイプ給与検索個別解説
第1位の意味を示すトロフィー
1位
デンタルワーカーロゴ
デンタルワーカー
紹介型年収・月給・時給詳細
第2位の意味を示すトロフィー
2位
ジョブメドレーロゴ
ジョブメドレー
サイト型月給・時給詳細
第3位の意味を示すトロフィー
3位
シカカラロゴ
シカカラ
紹介型月給・時給詳細
給与から職場を探せる転職サイト
みすー

ちなみに年収から給与検索ができるのはデンタルワーカーだけです。
高給与の職場で働きたいあなたはデンタルワーカーを選びましょう。

③企業転職に強いサイト

企業への転職に強い転職サイトを紹介します。歯科衛生士が転職できる企業は以下の通りです。

歯科衛生士が転職できる企業
  • 異業種
  • 歯科関連企業
    • 歯科材料系・技工所系・外資系・教育系・人材紹介

企業転職に強い転職サイトは、歯科衛生士以外の転職希望者も対応しているため、歯科に特化した転職サイトよりものキャリアアドバイザー個々のレベルが高いです。

企業への転職は対策を練っておかないと、歯科医院のように簡単に内定は出ません。

企業転職を目指すあなたは、面接対策やビジネスマナー指導のサポートがある以下のサイトを使用しましょう。

スクロールできます
順位転職サイト評価タイプ転職先個別解説
第1位の意味を示すトロフィー
1位
リクルートエージェントのロゴです
リクルートエージェント
紹介型異業種
歯科関連企業
歯科医院
学校
詳細
第2位の意味を示すトロフィー
2位
ワークポートのロゴです
ワークポート
紹介型異業種
歯科関連企業
医療法人
学校
詳細
第3位の意味を示すトロフィー
3位
パソナキャリアのロゴ
パソナキャリア
紹介型異業種
歯科関連企業
歯科医院
学校
詳細
企業転職に強い転職サイト
みすー

歯科関連企業は、採用数に対し応募者が多い就活激戦分野です。
十分なサポートを受け転職成功させましょう。

④新卒におすすめのサイト

国試・実習・就活の3つを両立し多忙を極める歯科衛生士学生さんは、就活イベントや就職サポートのある転職サイトを活用し、効率よく就活を行いましょう

就活イベントを解説

【就活イベントとは】

就活イベントとは、合同就職説明会のこと。多数の厳選された歯科医院が集まるので、1日参加するだけであなたの働きたい医院が見つかります。

  • コンシュルジュに相談ができる
  • 歯科衛生士の就活の仕方が分かる
  • 履歴書用写真の撮影ができる

【おすすめの就活イベント】

新卒歯科衛生士におすめの転職サイトは、以下の通りです。過去にも多くの新卒DHの就活サポートをしている下記の3サイトは、必ず利用しましょう。

スクロールできます
順位就職サイト評価タイプコメント個別解説
第1位の意味を示すトロフィー
1位
歯科転職ナビロゴ
歯科転職ナビ
紹介型初めての就活もフルサポート詳細
第2位の意味を示すトロフィー
2位
クオキャリア ロゴ
クオキャリア
サイト型就活フェスや新卒専用ページが
とても使いやすい
詳細
第3位の意味を示すトロフィー
3位
デンタルハッピー ロゴ
デンタルハッピー
紹介型出身学校別の口コミが
見れるのはここだけ!
詳細
新卒歯科衛生士におすすめの転職サイト

学校では教えてくれませんが、初めて働く就職先ほど大切なものはありません

新卒でどの歯科医院で働くかによって、今後の歯科衛生士人生が決まると言っても過言ではないです。パワハラ・モラハラが飛び交うような過酷な労働環境で働くと、心も体も壊してしまうかもしれません。

みすー

長く働けるように、新卒時から十分に情報収集をし自分に合った職場で働きましょう!

転職サイトの選び方

歯科衛生士向け転職サイト 転職サイトの選び方

まず事前にお伝えしておきたいポイントとして、転職サイトは複数利用するようにしましょう。なぜなら、同じ事業所の求人でも転職サイトによって給与や募集内容が違う場合があるからです。

目安は3社で、実際に使いながら合う合わないを判断して転職活動をしていくのがおすすめします。具体的には以下のようなステップで選んでいきましょう。

①歯科衛生士に特化した転職サイトを選ぶ

転職サイトによってそれぞれ得意領域が異なります。まずは歯科衛生士に特化した転職サイトを選びましょう。

全体の求人数が多い総合転職サイトは、歯科関連企業や異業種の求人数は多いですが、歯科医院や病院への求人は正直とても少ないです。

歯科医院や病院への転職を希望する歯科衛生士は、必ず歯科衛生士に特化した転職サイトを選ぶようにしてください。

みすー

逆に「歯科関連企業や異業種の求人を見たい」場合は、全体の求人数の多い総合転職サイトを利用しましょう。

②自分で探すか紹介してもらうか

2つ目の選び方は、就職までの就活方法です。歯科衛生士向け転職サイトには、自分で求人を探し直接応募する「直接応募型」と、キャリアアドバイザーから求人を紹介してもらう「紹介型」の2種類があります。

それぞれの特徴を知ってバランスよく活用しましょう。メリットデメリットを整理すると以下の通りです。

スクロールできます
自分で探す場合紹介してもらう場合
・求人数が多く検索機能が充実
・歯科医院から直接スカウトが届く
・サポートがきめ細やかで手厚い
・紹介経由でしか就職できない
非公開求人あり
応募から面接まですべて
自分で行う必要がある
一人で転職したい人には不向き

上記のように2種類の転職方法にはそれぞれメリット・デメリットがあります。できるだけ併用して使うようにしましょう。

また転職活動はスピード勝負です。先延ばし癖があったり、働きながら急いで次の勤務先を探したりする場合は、転職サポートのある紹介型転職サイトを活用しましょう。

一方自分で職場を探したい方や、就活に自信がある方は直接応募型を活用しましょう。

それぞれの転職方法がおすすめの人を整理すると下記のとおりです。

直接応募型
紹介型
  • 転職サポート不要
  • 困ったことがあっても自分で解決できる
  • 聞きにくい給与や条件を自分で聞ける
  • 自分で職場を探したい
  • 転職サポート希望
  • ブランクがあり不安
  • 過去何度も不採用になっている
  • 自分に合った職場を探してほしい
  • 先延ばし癖がある
みすー

直接応募型と紹介型の転職サイトを併用して、自分に合う転職方法を探しましょう!

③サポート体制が充実しているか

転職サイトを選ぶポイント3つ目は、サポート体制が充実しているかです。

転職サポートは、紹介型の転職サイトを利用する最大のメリットです。ヒアリングを通じ自分の大切にしたい条件の整理ができたり、履歴書添削や面接対策など、状況に応じたアドバイスがもらえたりします。

特に紹介型の転職サイトは、紹介経由でしか就職できない「非公開求人」を保有していて、これは自分一人での転職では得られません。キャリアアドバイザーの力を借り志望動機や自己PRを一緒に作り上げることで、内定率がぐっと上がります

ただ、「担当のキャリアアドバイザーがどれくらい面倒を見てくれるか」は、キャリアアドバイザーの忙しさや面倒見の良さ、あなたの転職へのモチベーションに左右されます

そのため何人かに相談したうえで、一番あなたの話を親身になって聞いてくれ、適切なアドバイスをしてくれるキャリアアドバイザーを見極めるようにしてくださいね。

みすー

担当者やその時の状況によってサービスの印象は変わります。
1回きりでサービスの印象を決めつけず、複数のキャリアアドバイザーと話してみましょう。

④希望の就職先の取り扱いのあるかで選ぶ

4つ目の選び方のポイントは、希望の就職先に適した転職サイトを活用することです。

歯科衛生士の就職先のほとんどは歯科医院※1ですが、それ以外にも様々な就職先があり、就職先によって転職サイトに求人があるかどうか変わってきます。※1:令和2年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況

スクロールできます
就職先転職サイトの利用コメント
歯科医院
一般歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・口腔外科・訪問歯科・障がい者歯科
特化型を
活用しましょう
病院
国立病院・公立病院・大学病院・一般病院
求人はありますが
数が少ないです
歯科関連企業
歯科材料系・技工所系・外資系・教育系・人材紹介
大手総合転職サイト
歯科衛生士特化
併用がおすすめ
学校
歯科衛生士専門学校・短期大学・大学
求人はありますが
数が少ないです
施設
介護老人保健施設・介護医療院・指定介護老人福祉施設・居宅介護支援事業所
求人はありますが
数が少ないです
行政
口腔ケアセンター・保健所・市町村・県庁
転職サイトに
求人はありません

このように、就業先によって転職サイトを利用した方がいい人と利用しなくてもいい人が変わってきます。

自分の働きたい場所に合わせて転職サイトを活用するかどうか、あるいはどの転職サイトを利用するか決めてくださいね。

みすー

行政への就職を希望するあなたは、働きたい役所の公式サイトから歯科衛生士の募集がないか確認しましょう。

⑤複数利用しながら担当者の質を見極める

5つ目の選び方は、転職サイトは1社だけに限定せず、複数併用して担当のキャリアアドバイザーを見極めることです。

なぜならキャリアアドバイザーは、ビジネススキルが十分ではない歯科衛生士を相手にしていることもあり、決して「ハイスペックな社会人」ではありません(※優秀な方は歯科医師向けや企業担当をします)

実際にキャリアアドバイザーがやる仕事と言えば、歯科衛生士の話を親身になって聞き、自分の経験に基づいたアドバイスをして、条件に合う求人をテキトーな理由で紹介するだけです。極論、やろうと思えば誰でもできます

下記は良いキャリアアドバイザーを見極めるチェックリストです。

見極めチェックリスト
  • 初回に時間をかけてあなたの話を深掘りして聞いてくれるか
  • 就職を希望する地域のことに詳しいか
  • キャリア相談や面接対策に時間をかけるか
  • 応募先のネガティブ面も教えてくれるか
  • 年下だとしても敬語で丁寧に話すか
  • 約束や時間を守るか

こちらのチェックリストを満たすキャリアアドバイザーであれば、あなたの実力や状況を十分に理解しベストな就職先を紹介してくれるかもしれません。

みすー

一見、気持ちを一番理解してくれるのは歯科衛生士の資格を持ったキャリアアドバイザーかと思われがちですが、上記のチェックリストに当てはまるようならはっきり言ってハズレです。ハズレをひいたら担当変更してもらいましょう。

よくある質問

よくある質問
転職サイトの利用は料金がかかる?

転職希望者は無料で利用できます

転職サイト/エージェントはなぜ無料で利用できるの?

求職者が無料で利用できるのは、職業安定法によって「求職者から手数料や報酬を受けてはならない」と定められているからです。※参考:職業安定法32条

新卒やブランクありでも転職サイト/エージェントは利用できる?

利用できます。また、転職エージェントはあなたに合った職場を紹介してくれます。

転職サイト/エージェントは複数利用するべき?

複数利用するべきです。

その理由は、同じ求人でも転職サイトによって内容が違ったり、キャリアアドバイザーの対応が違うからです。比較してより良い転職先を見つけるために、必ず複数利用しましょう。

歯科衛生士の平均年収は?

歯科衛生士の平均年収は382.5万円です。(参考:職業情報提供サイト

歯科衛生士の平均年収いくら?」という記事で詳しく解説しています。

すぐに転職予定はないけれど求人だけ見たい!情報収集だけしたい!

大丈夫ですよ!会員登録時にお知らせメールやスカウト機能をオフに設定しましょう。

転職活動で内定をもらったけどやっぱり辞退したい

大丈夫です。辞退する場合は、各事業所の採用担当者に連絡しましょう。

転職エージェントを利用している場合、担当者に連絡しましょう。

歯科衛生士の就業者数は?

直近の調査では、全国の歯科衛生士数は142,760人です。(参考:令和2年衛生行政報告例〔就業医療関係者〕の概況

就業場所別の歯科衛生士数は以下のようになっています。

引用:日本歯科衛生士会
認定歯科衛生士の資格をとると給料は上がりますか?

資格手当として給料に加算してくれる医療施設では、毎月1~3万円程の金額がプラスされることがあります。

しかし、認定歯科衛生士をとったとしても資格手当を支給してくれる歯科医院ばかりとは限りません。入社前に確認しましょう。

参考:日本歯科衛生士会「認定歯科衛生士について

歯科衛生士として復職したいのですがブランクがあるので不安です

歯科衛生士として復職する際にブランクがあることで不安な方は、セミナーや研修を受講する方法がおすすめです。

都道府県ごとの復職支援事業に関しては「歯科衛生士の復職支援事業」をご覧ください。

歯科衛生士は年収1000万円稼ぐことは可能?

限りなく不可能に近いです。詳しくは「歯科衛生士は年収1000万円稼げる?」という記事で解説しています。

そのほか年収に関する記事はこちらからご覧ください。

歯科衛生士の非公開求人って?

一般的に公開されていないエージェントからの紹介が必要な求人情報です。

非公開求人に関しては、【歯科衛生士の非公開求人とは】という記事をご覧ください。

歯科衛生士の志望動機の書き方が分からない

志望動機はいくつかのポイントを押さえて書く必要があります。

詳しくは「歯科衛生士の志望動機のポイント」という記事で解説しています。

歯科衛生士の面接で落ちた理由は?

状況によってさまざまな理由が考えられます。

詳しくは「歯科衛生士の面接で落ちた理由」という記事で解説しています。

転職サイト/転職エージェントは常勤以外の求人もあるの?

あります。

常勤・時短正社員・自分の働き方に合わせて転職活動をしましょう。

歯科衛生士を辞めたい……3年続けないとダメ?

どうしても辞めたいときは、やめてOKです。

やめたい理由によって対応方法が異なるので、詳しくは「歯科衛生士を辞めたいのは甘え?」という記事をご覧ください。

歯科衛生士が稼ぐ方法は?

今より稼ぐ方法は以下の4つです。

  • 転職
  • 副業
  • 資産運用
  • 独立

詳細は「歯科衛生士は稼げない?給料が低い理由と対処法」という記事をご覧ください。

歯科衛生士は副業をしてもいい?

副業をしても良いかどうかは、各勤務先の就業規則によって異なります。

おすすめの副業や、注意点を知りたい方は「歯科衛生士におすすめの副業」という記事をご覧ください。

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次〜好きなとこだけ読む〜